トップ / 中性脂肪は食事で下げる

中性脂肪上昇の仕組み

中性脂肪は食事で下げる

中性脂肪を下げる為の食事

エネルギーの過剰摂取が中性脂肪増加の主原因であるため、中性脂肪値を下げるためには食事の改善が不可欠です。量が多いと中性脂肪を下げるには困難なため、食事量を減らすことが重要になりますが、偏った食事にならないようにバランスにも気を配りましょう。

生命を維持していくために欠かすことができない、炭水化物・タンパク質・脂質の3大栄養素は、いずれも中性脂肪に成りえますが、なかでも、栄養源として優先的に使われにくく、中性脂肪の増加に結びつきやすい、脂質と炭水化物の摂りすぎには注意が必要です。

摂りすぎはダメだからといって、炭水化物抜きの食事をするなど、極端に走るのはオススメできません。特に脂質は、中性脂肪値を下げるために敬遠されがちですが、脂肪の中には、中性脂肪を下げる効果が認められているものもあります。

通常、脂肪と言っているものは中性脂肪のことで、食品中の脂質のほとんどを占めています。このほかに、動物性脂肪に多く含まれる「飽和脂肪酸」や、植物性脂肪に含まれる「不飽和脂肪酸」などがあり、この不飽和脂肪酸が中性脂肪を調整する働きがあるのです。

不飽和脂肪酸は、オリーブオイルやキャノーラ油に多く含まれている「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」に大別され、一価不飽和脂肪酸は、体内で活性酸素と結びつき、心筋梗塞や脳梗塞、高血圧などの生活習慣病を予防・改善する働きがあります。

一方、魚の油に多く含まれるEPAやDHAをはじめ、大豆油、コーン油にも含まれている多価不飽和脂肪酸は、動脈硬化の原因となる、悪玉コレステロールを減らす作用が強く、これらを食事に上手く取り入れることで、ぐっと中性脂肪を減らすことが可能となります。

また、昆布やワカメ、こんにゃく、里いも、果物などに多く含まれる、水溶性の食物繊維には、お腹をすきにくくして食べすぎを防ぐ効果があるほか、腸内の余分な中性脂肪を取り込み、便とともに排泄してくれる効果も認められています。

Copyright © 中性脂肪の働きについて. All rights reserved.