トップ / 中性脂肪が高い事のリスク

中性脂肪上昇の仕組み

中性脂肪が高い事のリスク

中性脂肪が高い事によるリスク

健康診断で中性脂肪値に異常が見られる場合、食事療法や運動療法など、生活習慣を改善するための保健指導が行われたり、内科医などへの診察を勧められますが、中性脂肪値が上がると、具体的にはどのような病気のリスクが高まるのでしょうか。

中性脂肪の基準値は30‐149mg/dlとされており、150mg/dl以上となると「脂質異常症(高脂血症)」と診断されます。日本人間ドック学会では、150‐249mg/dlの場合は要経過観察、250mg/dl以上の時は精密検査、または治療が必要だとしています。

中性脂肪値を調べる血液検査では、中性脂肪と同様に血液中に存在する脂質のひとつで、細胞膜やホルモンなどの生体構成原料である、コレステロール値も同時に提示されますが、中性脂肪とコレステロールには強い関係性が見られます。

コレステロールには、蓄積された古いコレステロールを回収する善玉といわれるHDLと、血管壁に付着して血管を細くする悪玉といわれるLDLがあり、中性脂肪が多いと善玉であるHDL減り、悪玉であるLDLが増え、生活習慣病の温床となる危険性が高まります。

先に述べた「脂質異常症」とは、血液中に中性脂肪とLDLが増えてHDLが少なくなり、血液がドロドロの状態になる病気のことで、脂質異常症になると、血管壁が厚くなったり硬くなったりして血液の流れを阻害する、動脈硬化を引き起こしやすくなります。

脂質異常症は自覚症状がほとんどないため、気が付かないまま放置されるケースが多くありますが、脂質異常症の状態が長引くと動脈硬化へ進展し、仮に心臓の血管で動脈硬化が起きると狭心症や心筋梗塞、脳で出進行すると脳卒中へと繋がることもあります。

また、中性脂肪は肝臓で合成されますが、中性脂肪が多くなると脂肪肝ヘと発展します。脂肪肝になると肝臓の機能が低下し、肝硬変や肝臓がんに移行する可能性があるほか、狭心症や心筋梗塞など心疾患の合併率も高く、重症化する危険性も秘めています。

Copyright © 中性脂肪の働きについて. All rights reserved.