トップ

中性脂肪上昇の仕組み

中性脂肪の働きについて

中性脂肪の体内での働きとは

健康診断などの折に中性脂肪が何なのか知らないまま、医師からその数値を指摘された方も多いと思います。「中性脂肪値が高い」とは、血液中の中性脂肪が多い状態を指し、この状態が続くと様々な病気を引き起こします。

中性脂肪の値を改善したいならこちら。

中性脂肪が高いと病気のリスクが高まる、という認識が世の中に浸透しているため、中性脂肪は「悪」という印象を持たれがちですが、実は体を動かすために必要なエネルギー源であり、まったく存在しないと生命の維持すら困難になってしまいます。

食物から取得された脂質は、小腸から吸収されて血液中に入り、生命維持活動などに利用されますが、使われずに残ったエネルギーは中性脂肪として、肝臓や脂肪組織に蓄えられます。つまり内臓脂肪や皮下脂肪の大部分が中性脂肪と言っても過言ではないのです。

内臓脂肪はさまざまな衝撃から内臓を守るクッションとして、また、皮下脂肪は寒さから身を守るための断熱材としての役割も果たしており、そのほか、体温を一定に保つ働きを有するなど、中性脂肪は必要不可欠な存在として体内にストックされています。

このように、中性脂肪は生命維持や生命活動に欠かせない存在なのですが、食べるものに困ることがめったにない現代においては、適量を大幅に超えて過剰に蓄積される傾向にあり、中性脂肪の良い部分よりも悪い部分がクローズアップされる傾向にあります。

また、中性脂肪の値が低すぎても、動悸や息切れ、めまい、偏頭痛、慢性的な疲労感、肌の乾燥・老化などの症状を引き起こします。つまり、健康な状態を維持するためには、バランスの良い食事と適度な運動を心がけ、適正な中性脂肪値を保つことが大切なのです。

Copyright © 中性脂肪の働きについて. All rights reserved.